ビッグ・アイ 国際障害者交流センターは障害のある方もない方もご利用いただける施設です。宿泊施設、研修室、ホールなどのご案内。:HOME

ここからその他のページメニューです。

ここまでその他のページメニューです。

ここからバナーです。

ここまでそのバナーです。

ここから本文です。

HOME >  Art >  【東京会場】ビッグ・アイ アートプロジェクト 入選作品展 「共振×響心2012」 ~ありのままの生は美しい~

【東京会場】ビッグ・アイ アートプロジェクト 入選作品展 「共振×響心2012」 ~ありのままの生は美しい~

共振×響心

■開催日時

2013年 5月 2日 (木) 10:00 ~ 12日 (日) 19:30

■主催

ビッグ・アイ共働機構
協力:東急文化村
会場デザイン・プランニング:ADRESSE
会場施工:有限会社スタイル
協力:日本フロス株式会社

■会場

Bunkamura Box Gallery

ビッグ・アイ アートプロジェクト 入選作品展
共振×響心2012 ~ありのままの生は美しい~

飾ることなく
媚びることなく
自由な心と透明な感性から生まれた作品は
あなたにどう響くのか

人と人とを繋ぐアートの力。ビッグ・アイ アートプロジェクトは、このアートをツールとし、障がいのある人、ない人、すべての人々の交流を促進し、感動やよろこびを共にするプロジェクトです。障がい者アーティストの活動の場を拡げるとともに、障がい者自身が自己の可能性を見出し、自己実現ができるよう、プロジェクトを推進しています。
第2回となる今回の展示会では、国内外より応募のあった520作品の中から、アート界で活躍する審査員により厳選された50作品をご紹介します。
作品が放つメッセージや無垢な衝動、秘められた思い。そんなものの中に見え隠れするアーティスト自身のありのままの姿...。魅力にあふれた作品たちからの“響き”をぜひお楽しみください。

視覚に障がいのある人への鑑賞サポートとして音声解説(DAISY)をご用意しております。

≪審査員
秋元雄史(金沢21世紀美術館館長)
西村陽平(造形作家)
上田バロン(イラストレーター)
柿沼康二(書家・アーティスト)
永野一晃(写真家)

東京会場 Bunkamura Box Gallery
Ⅰ期 2013年5月2日(木)~5月7日(火)
Ⅱ期 2013年5月8日(水)~5月12日(日)
10:00~19:00
※5月6日・12日 10:00~12:30
  5月7日 10:00~17:00
東京会場では、会期中にⅠ期・Ⅱ期の展示替えがございます。各期の展示作品については、下記のPDFデータをご確認ください。

≪ワークショップ≫
期間中、審査員の先生を講師に招いたワークショップを開催します。ぜひご参加ください。

5月6日(月・祝) 
「自由に楽しいで書っ ~感性からのメッセージ~」
講師:柿沼康二氏(書家・アーティスト)
5月12日(日) 
「見えない中に見えるもの」
講師:西村陽平氏(造形作家)
詳しくはこちら

≪アクセス≫
〒150-8507 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
JR 山手線「渋谷」駅ハチ公口より徒歩7分
東急東横線・東京メトロ銀座線・京王井の頭線「渋谷」駅より徒歩7分
東急田園都市線・東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷」駅3a出口より徒歩5分
TEL 03-3477-9174

≪お問合せ≫
ビッグ・アイ「アートプロジェクト」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
TEL072-290-0962  FAX072-290-0972
Eメール museum@big-i.jp
 

ここまで本文です。

ここからこのカテゴリ内のメニューです。

No Border すべての人がここに:障がいのある方も、ない方も、すべての人にご利用いただける施設です。

ここまでこのカテゴリ内のメニューです。

メインコンテンツに戻る

ここからフッターメニューです。

ここまでフッターメニューです。