ビッグ・アイ 国際障害者交流センターは障害のある方もない方もご利用いただける施設です。宿泊施設、研修室、ホールなどのご案内。:HOME

ここからその他のページメニューです。

ここまでその他のページメニューです。

ここからバナーです。

ここまでそのバナーです。

ここから本文です。

HOME >  Art >  ビッグ・アイ アートプロジェクト 作品募集2017 ( 2017年8月25日[金] 10:00~ )

ビッグ・アイ アートプロジェクト 作品募集2017 ( 2017年8月25日[金] 10:00~ )

17募集リーフレット(表)

■開催日時

2017年 8月 25日 (金) 10:00 ~ 9月 20日 (水) 18:00

■主催

大阪府/国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)

ビッグ・アイ アートプロジェクト

大阪府現代アートの世界に輝く新星発掘プロジェクト(第7回公募展)

作品募集2017

 

時間(とき)の五線譜

~あなたの奏でるメロディ~

ビッグ・アイ アートプロジェクトとは
 

人と人とを繋ぐ「アート」の力。この「アート」をツールに、障がいのある人、ない人、すべての人々の交流を進め、感動やよろこびを共にし、そして、アートの世界で輝くアーティストとしての才能を発掘するプロジェクトです。障がい者自身が自己の可能性を見出し、自己実現ができるよう、下記の3つをコンセプトにプロジェクトを推進しています。

●障がいのある方にアートの活動機会を提供します

●才能あるアーティストの発掘と育成を行います

●障がいのあるアーティストの活動を支援し社会へ発信します

 

作品募集の流れ

写真だけでは伝わりにくい作品本来の魅力をありのままに感じることができるよう「実物審査」を行います。

国内募集

国外募集

受付期間:2017825日(金)~920日(水)

受付期間:2017620日(火)~720日(木)

写真審査 8月初旬

審査結果は8月上旬に通知

実物審査 10月初旬

入選作品(審査員賞/大阪府知事賞/ビッグ・アイ賞/入賞/佳作など)を選出。

審査結果は10月上旬頃より通知

入選作品展2017 11月~12月を予定

ビッグ・アイにて受賞・入賞・佳作の全入選作品を紹介する展覧会を開催

入選作品展「共振×響心」(巡回展) 2018年中旬を予定

国内の複数箇所で、受賞・入賞作品の巡回展を開催予定(大阪・東京・横浜)

2016年度作品は、次の施設で巡回展開催を予定。・Bunkamura Box Gallery(東京) 2017429日(土・祝)~57日(日) ・障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール(横浜) 2017510日(水)~515日(月)・大阪会場については現在調整中です。

 

世界への扉を開く!ビッグ・アイ アートプロジェクト

きっかけは応募から。いま、新たな舞台の幕が上がる!

障がい者によるアート作品を社会に発信する中で、世界の国々と人種や言葉、障がいの有無を超えた交流とマーケットへのチャレンジを進めています。あなたの作品が世界中を旅して注目されるなんてこともあるかもしれません!

 

≪これまでの主な交流事業≫

●韓中日障害者美術交流展(韓国)への出品

ESCO Very Special Peace Art Festival 2013 in Batticaloa(スリランカ)への出品

●Ⅲ Seminario Internacional de ARTE INCLUSIVO 2014(スペイン)への参加

●キャビン・モーリスギャラリー(ニューヨーク)との作品販売契約

●巡回展「共振×響心」を賽馬會創意藝術中心(香港)で開催

 

2017年度より、大阪府現代アートの世界に輝く新星発掘プロジェクトとのジョイント企画となりました。


募集要項(国内版)

募集内容

国内外を問わず、障がいのある方が制作したアート作品で過去に受賞歴のない作品。

応募資格

作者本人または親権者(未成年)、保護者、後見人もしくは作者から作品の使用権を移譲された法人。

応募点数

各作者につき3点以内とします。

出品規格

種類/絵画、イラスト、グラフィックデザイン、書、写真、造形など。素材やテーマは自由です。

※生花など生鮮物を用いたものや、火器等の危険物を用いる作品は対象外とします。
※他者の著作権や肖像権に抵触する作品は対象外とします。
※その他、展示方法が特殊、特別な取り扱いを要するなど、不明な場合は事前にご相談ください。

額装/額装の必要はありません。
※額装をした上での作品送付を希望される場合は、ガラスは使用しないで下さい。

大きさ・重量/展示の制約上、下記のサイズを基準とします。下記よりも大きくなる場合は、ご相談ください。
※サイズオーバーした場合は返却できない可能性がありますので予めご了承ください。

平面作品

200㎝×横120㎝以内

立体作品

高さ200㎝×幅150㎝×奥行150㎝ 重量50kg以内

写真作品については、プリントの方法も作品の一部と見なされますので、サイズにもご留意ください。
※通常、4ツ切りサイズ(254mm×305mm)以上が望ましいですが、必須ではありません。

受付期間

2017825日(金)~920日(水)

応募料金

無料(作品の送料は往復とも応募者負担)

応募条件

入選作品(審査員賞/大阪府知事賞/ビッグ・アイ賞/入賞/佳作など)に選出された場合、作品を一年間ビッグ・アイにお貸しいただき、国内外の展覧会での展示、図録掲載、ビッグ・アイ情報紙、メディア、グッズデザインなどの利用に同意いただけること。また、入選の場合でなくても、表彰式・展覧会等でのスライドショーによる作品の紹介に同意いただけること。

応募方法

応募用紙に必要事項を記入し封筒に入れ、作品と一緒に下記までお送りください。
複数作品応募の場合は、1作品ごとに応募用紙を添付してください。梱包はまとめていただいて構いません。
※応募用紙をコピーして使用する場合は、縮小せず、A3もしくはA4 2枚にコピーしてください。
※複数作品を1梱包で応募する場合は、宅配送付状に梱包された作品数を明記してください。
※応募用紙は本ページ下部からもダウンロードいただけます。

審査方法

審査員による実物審査を経て、入選作品(審査員賞/大阪府知事賞/ビッグ・アイ賞/入賞/佳作など)を選出します。審査結果は10月上旬頃より書面で通知します。受賞された方には、表彰式(11月開催予定)にご出席いただきます(交通費・宿泊費は主催者が負担)。
※日本国外からの応募については、写真審査を経た後、実物審査となります。国外からの応募については、ビッグ・アイホームページにて「募集要項(国外版)」をご確認ください。

入選特典

●入選作品展…受賞/入賞/佳作の全入選作品を紹介する展覧会をビッグ・アイで開催。

●入選作品集(図録)…受賞/入賞/佳作の全入選作品を掲載。

●巡回展…受賞/入賞作品を東京・横浜・大阪で開催する巡回展で展示予定。

運送方法

ご自身で梱包して、運送業者に作品の運送を依頼してください。運送中の損傷がないよう、作品保護に充分配慮して厳重に梱包してください。
ご自身での持ち込みも可とします。
持込期間:99日(土)~920日(水)10001700

作品返却

入選作品については展覧会の終了後、選外作品については審査会の終了後に作品を返却いたします。※原則として応募時の作品配送伝票に記載された送り主の住所に、応募時の梱包材を使用して返送いたします。宅配業者による着払いでの返送となります。
搬入後の作業および審査中は、作品の損傷等がないよう充分に注意いたしますが、万一損傷が発生した場合は、主催者の加入する動産総合保険による補償の範囲内で対応させていただきます。




 
審査員  
氏名五十音順)

 

秋元雄史 Yuji Akimoto   

東京藝術大学大学美術館館長・教授、美術評論家

1955年東京都生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科卒業後、1991年よりベネッセアートサイト直島のアートプロジェクトに関わる。2004年より地中美術館館長、ベネッセアートサイト直島・アーティスティック ディレクターを兼務。2007年~20173月まで金沢21世紀美術館館長。「金沢アートプラットホーム2008」、「金沢・世界工芸トリエンナーレ」、「工芸未来派」等を開催。20134月~20173月まで秋田公立美術大学客員教授。20134月~20153月まで東京藝術大学客員教授、2015年より東京藝術大学大学美術館館長・教授を兼務。20169月から女子美術大学芸術学部特別招聘教授。

 

上田バロン Baron Ueda

イラストレーター

ボールドラインでアグレッシブなスタイルを持ち、目が個性的なキャラクターイラストレーションを描く。主に広告や出版、ゲーム、メディアなど国内外で展開。代表作にGoogle Chromeアーティストテーマ、EXILEPerfumeのアートワーク、FM802のキャラクター展開など。布袋寅泰氏のロンドン、NYでのステージアニメーションにかかわる。「会話型心理ゲーム人狼DX」のキャラクターワーク。琳派400年の風神雷神を描き虎屋京都ギャラリーで披露。Redbull Ignition招待アーティスト。LIMITSデジタルアートバトル世界大会で世界3位獲得。

 

エドワード M. ゴメズ Edward M. Gómez  

RAW VISION 編集局長

アウトサイダー・アートの分野で世界をリードする雑誌「RAW VISION」の編集局長。居住した国は、モロッコ、スイス、アメリカ、日本ほか多数。日本語を含む多言語に精通。アウトサイダー・アートの分野での研究は、スイス人芸術家アドルフ・ヴェルフリとハンス・クルージー、伝説的なジャマイカのIntuitive Artに注目。直近では、Raw Visionに向けて急成長している日本のアウトサイダー・アート界を紹介。アートジャーナリスト、評論家、草分け的な研究家として数多くの賞を受賞している。2016年よりスイス・ローザンヌのアール・ブリュット美術館諮問機関員を務める。

 

建畠 Akira Tatehata

多摩美術大学学長、埼玉県立近代美術館館長

専門は近現代美術。「ヴェネチア・ビエンナーレ」日本館コミッショナー(199093年)、「横浜トリエンナーレ」第1回展(2001)アーティスティック・ディレクター、「あいちトリエンナーレ2010」芸術監督など、多くの国際美術展を組織し、アジアの近現代美術の企画にも多数参画。また詩人としても活動している。

 

中津川浩章 Hiroaki Nakatsugawa

美術家、アートディレクター

ブルーバイオレットの線描を主体とした大画面のドローイング・ペインティング作品を「記憶・痕跡・欠損」をテーマに国内外で制作発表。工房集、2012131416年埼玉県障害者アート展、アール・ド・ヴィーヴル、アートディレクター。川崎市岡本太郎美術館「岡本太郎とアール・ブリュット」展キュレーション。201516年東北障がい者アート公募展選考委員などを務める。福祉、教育、障がいなど社会とアートの関係性を問い直しつつ、障がいの有る無しにかかわらずさまざまな人を対象としたアートワークショップ、講演、ライブペインティング等、被災地を含む全国各地へ。

 

永野一晃 Ikko Nagano

写真家

公益社団法人日本写真家協会(JPS)会員・京都読売写真クラブ代表・フォトコンテスト審査員等。1945年京都市生まれ。印刷会社企画部勤務を経てフリーの写真家。京都を中心に、骨董美術品・建築・料理・伝統工芸・人物ルポなどを撮影し出版物・雑誌に発表している。

 

西村陽平 Yohei Nishimura

造形作家

1947年京都生まれ。1973年東京教育大学教育学部芸術学科彫塑専攻卒業。1975年から1998年千葉県立千葉盲学校で図工を担当。視覚障がいの子どもたちに造形指導を行うとともに、自らも造形作家として活動。1977年には、日本陶芸展において外務大臣賞を授賞。作品は、ビクトリア&アルバート美術館、パリ装飾美術館など内外の美術館に収蔵されている。

 

望月虚舟 Kyosyu Mochizuki

書家

1949年、姫路市生まれ、新潟大学教育学部書道科卒業。現在姫路市立好古学園大学校講師、毎日書道展関西展実行委員。

毎日書道展運営委員、大賞選考委員を経て、現在に至る。近畿地区独立書人団事務局長、姫路美術協会運営委員、毎日書道展大賞受賞、(公財)独立書人団会員賞受賞、虚舟書法会会長として活躍中、作品揮毫、作品解説を通じて、書の臨書感、創作感を講話、研究集録などを通じて、自論を展開している。著書「コツがわかれば誰でも書ける」など。

 

 

≪応募先・お問合せ≫ビッグ・アイ「アートプロジェクト」係

590-0115 大阪府堺市南区茶山台 1-8-1 TEL072-290-0962 FAX072-290-0972 E-mailmuseum@big-i.jp http://big-i.jp

ここまで本文です。

ここからこのカテゴリ内のメニューです。

No Border すべての人がここに:障がいのある方も、ない方も、すべての人にご利用いただける施設です。

ここまでこのカテゴリ内のメニューです。

メインコンテンツに戻る

ここからフッターメニューです。

ここまでフッターメニューです。