ビッグ・アイ 国際障害者交流センターは障害のある方もない方もご利用いただける施設です。宿泊施設、研修室、ホールなどのご案内。:HOME

ここからその他のページメニューです。

ここまでその他のページメニューです。

ここからバナーです。

ここまでそのバナーです。

ここから本文です。

HOME >  Event Calendar >  ビッグ・アイ セミナー 「ニュージーランド・トラスト(NZST)の“人と社会に変化が生まれる!” 事例集」

ビッグ・アイ セミナー 「ニュージーランド・トラスト(NZST)の“人と社会に変化が生まれる!” 事例集」

ビッグ・アイセミナー ニュージーランドトラスト チラシ画像

■開催日時

2013年 3月 16日 (土) 14:00 ~ 16:20
開場 13時30分

ピア・サポート、マーケティングの達人、クレアさんに聞いてみよう!

「同じ悩みを持つ人の力になるには?」

  ⇒「ピア・サポート」の事例

「人手不足・資金難をクリアして活動を継続するには?

  ⇒「広報・資金集めのイメージ戦略」の事例

 

■プログラム

・ニュージーランドの障がい者政策と現状の概要

・ニュージーランド脊髄損傷基金(NZST)の紹介

・NZSTの職業リハビリテーションプログラム:カレイドスコープ

・ピア・サポート プログラム ~人と人とをつなげるNZSTのしくみ~

・困難を乗り越えるための情報提供 ~ハンドブック、DVD,WEBサイト~

・人々の意識を変えるマーケティング 

 ~「Like Minds, Like Mineキャンペーン」

  (NZ保健省の反差別運動とNZSTの広報・資金集め戦略~

 

■講師プロフィール

クレア・フリーマン氏

17歳の時に交通事故で脊髄を損傷。1年間病院でリハビリを行った後、デザインを学ぶ。

デザインの学位取得後、フリーランスでデザインの仕事をする傍ら、大学院でマーケティングを専攻し、経理管理の学位を取得。

脊髄損傷者への支援グループの必要性を感じ、ウェリントン市議会の財政支援を得て、脊髄損傷者への助言・支援グループを設立。

グラフィックデザイナー兼リサーチャーとしてカンタベリー地区保健委員会に勤務(現在もそこで勤務)。また、ニュージーランド脊損基金(NZST)に勤務。

クライストチャーチ技術専門学校の講師も務め、自立生活と障がい研究について講義。

NZSTマガジンやニュージーランドの様々な障がいウェブサイトに脊髄損傷に関して寄稿。

2007年にOtago大学でリハビリテーションの学位を首席で取得。

現在、脊髄損傷者のためのリレーションシップ・メンテナンスに焦点を当てて博士号取得を目指している。

 

■ニュージーランド脊損基金(NZST

脊髄損傷者へのピア・サポート、職業サポート、情報提供をはじめ、ファンドレイジング、マーケティングとニュージーランドで最大の脊髄部門を持つBurwood病院へのボランティアサービスなど、様々なサービスや支援を提供している。

 

日程: 2013年3月16日(土)

時間: 14時~16時20分

場所: ビッグ・アイ 大研修室 

定員: 80名(要申込み) ※入場には入場券(ハガキ)が必要です。

申込締切: 2013年3月7日(木)

※応募者多数の場合は先着順となります。3月1日()頃より参加可否通知を送付いたします。

 

日本語同時通訳つき 同時通訳レシーバーは定員数のみとなります。

 

■バリアフリー対応

手話通訳、点字プログラム、音声補聴、要約筆記(いずれも要申込み)

補助犬同伴可

 

■参加方法

下記申込事項をメール、FAX、または郵便にてお申込ください。

 氏名、氏名フリガナ、住所、電話番号、FAX番号、Email、所属、性別、年齢

 同伴者氏名(※介助が必要な方は介助者のご同伴をお願い致します)

 

 ※以下は障がいのある方のみお答えください。

 (1)サポートを希望される項目

  ア.手話通訳(申込締切:3月7日)  イ.点字プログラム

  ウ.音声補聴(申込締切:3月7日)  エ.要約筆記(申込締切:2月10日)

  オ.車いすでの来場(   名)    カ.補助犬の同伴(有 ・ 無)

 (2)車での来場希望 ( 有 ・ 無 )

   ※当日のビッグ・アイ駐車場は駐車証をお持ちの方のみ駐車可能となります。

 (3)特記事項 ※特に配慮を要する事項があれば、具体的にご記入ください。


 

<申込・お問合せ> 国際障害者交流センター「セミナー」係 

590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1

TEL072-290-0962   FAX072-290-0972  E-mail: seminar@big-i.jp

 

ここまで本文です。

ここからこのカテゴリ内のメニューです。

No Border すべての人がここに:障がいのある方も、ない方も、すべての人にご利用いただける施設です。

ここまでこのカテゴリ内のメニューです。

メインコンテンツに戻る

ここからフッターメニューです。

ここまでフッターメニューです。