ビッグ・アイ 国際障害者交流センターは障害のある方もない方もご利用いただける施設です。宿泊施設、研修室、ホールなどのご案内。:HOME

ここからその他のページメニューです。

ここまでその他のページメニューです。

ここからバナーです。

ここまでそのバナーです。

ここから本文です。

HOME >  Art >  【国際交流事業 ビッグ・アイ アーツフェスティバル】ステージイベント

【国際交流事業 ビッグ・アイ アーツフェスティバル】ステージイベント

アーツフェスティバル

■開催日時

2019年 12月 1日 (日) 14:30 〓 16:30
開場14:00

■主催

国際障害者交流センター ビッグ・アイ
協力
香港展能藝術會ADA
社區文化發展中心CCCD
愛不同藝術i-dArt
医療法人杏和会 阪南病院

本事業は「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」と連携し実施いたします。
beyond2020プログラムとして認証を受けています。

■会場

ビッグ・アイ(国際障害者交流センター)多目的ホール

ここでしか体験できない<共感> ― わたしたちの世界が拡がる


国際交流事業 ビッグ・アイ アーツフェスティバル

"Spread Our Common Sense in JAPAN" 〜共通感覚を拡げて〜

ステージイベント

14:30~15:20
「大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ2019」演劇公演
『独創*かちかち山』(大阪府委託事業)

「大阪府障がい者舞台芸術オープンカレッジ2019」の参加者の中から選出されたメンバーによる演劇公演。
「かちかち山」をベースに、出演者たちのエピソードを加えた、ビッグ・アイオリジナルのおとぎばなし。
なんでもアリでおもしろい、多様なメンバーたちが火花を散らして創造する規格外のお芝居をお楽しみに!

演出:倉品淳子(劇団山の手事情社)
アシスタント:中嶋悠紀子
出演:中島由美子、藤原美加、森山真由子森田かずよ、片岡祐介
オープンカレッジ出演者(五十音順):
浅海周弥、井口彩、梶本瑞希、熊本吉祥、杉立綾子、田崎雄也、千葉昇司、
辻ひとみ、樋本詩乃、符川茂浩、堀井咲良、眞鍋大貴、森田真弘
  
倉品淳子(くらしな・じゅんこ)
俳優・演出家
劇団山の手事情社所属。スイス、ドイツ、ポーランド、ルーマニア、韓国など海外での公演も多数。劇団活動にとどまらず、観客参加型演劇、他分野アーティストとの作品作りなど、演劇の可能性を広げる活動も同時に行う。2009年より宮城の住民劇団えずこシアターの演出。2012年より認定NPO法人ニコちゃんの会「すっごい演劇アートプロジェクト」チーフプロデューサー。身体的にバラエティあふれる俳優たちとの演劇作りを継続的に行っている。


15:30~15:40
酒井響希 ドラムパフォーマンス

全盲の天才ドラマー酒井響希がとどろかせる迫力のアップビート⤴
 
酒井響希(さかい・ひびき)
ドラマー
2006年9月25日生まれ(13歳)。現在、大阪南視覚支援学校に通う中学1年生。
両眼性網膜芽細胞腫(小児がん)により2歳で両眼を摘出し全盲に。全盲となってから音に強い興味を持ち、4歳からドラムを習い始め、めきめきと上達。最近ではラジオ、テレビ出演、イベント出演等で活躍の場を広げている。
将来の夢は「世界中の人に勇気と希望を届けるドラマーになること」を目標に、日々勉強にドラムにと取り組んでいる。
 
 
15:40~16:30
尾崎裕哉 弾き語りスペシャルライブ

シンガーソングライター尾崎裕哉がギターの弾き語りで贈るスペシャルライブ♪
透明感のある歌声に、共感を覚える歌詞<ことば>の世界。等身大の姿を描く爽快なオリジナルナンバーのほか、父・尾崎豊の名曲が、障害や世代、国籍を超えて、ココロの奥に響きます。
 
尾崎裕哉(おざき・ひろや)
デジタルネイティブ世代のバイリンガル、コンテンポラリー・シンガーソングライター
1989年、東京生まれ。2歳の時、父・尾崎豊が死去。母と共にアメリカに渡り、15歳までの10年間を米国ボストンで過ごす。慶應義塾大学大学院卒。2016年に、自伝『二世』(新潮社)を出版し、アーティスト「尾崎裕哉」としては初の音源となるDigital 1st Single『始まりの街』をリリース。以後ライブ活動を続けながら新しい作品を発表している。またオーケストラとのコラボでビルボードクラッシックコンサートも定期的に開催し、2019年5月のサントリーホールでの公演ではそのスケール感ある表現力も高く評価された。ONE MAN STAND という弾き語りツアーを全国規模でやりながら、今後初のフルアルバムリリースも予定。2019年10月よりFM COCOLOにて『Night Time Dreamers』(毎週金曜日23:00〜24:00放送)スタート。
尾崎裕哉オフィシャルサイト hiroyaozaki.com


≪応募締切≫
10月30日(水)必着
応募多数の場合は抽選となります。当選者には11月初旬より郵送にて通知いたします。落選の通知はいたしませんのでご了承ください。
障害のある方のサポート席を優先して配席します。お席を選ぶことはできませんのでご理解ください。

≪応募方法≫
官製ハガキ、封書、FAX、メール、ビッグ・アイホームページ申込フォームのいずれかでお申込ください。
※官製ハガキ、封書、FAX、メールの場合、下記の記載事項をもれなくご記入のうえ、お送りください。応募情報に不備がある場合は、落選となります。

≪宛先≫
官製ハガキ、封書 〒530-8090 日本郵便株式会社 大阪北郵便局留置「ビッグ・アイ アーツフェスティバル」係
FAX 072-290-0972
メール arts_fes@big-i.jp
ホームページ申込フォーム →申し込みを終了いたしました。 

≪応募条件≫
1応募につき同伴者は2名までです。3歳以上の方、お席が必要な方はすべて同伴者としてご記入ください。
※介護(助)の必要な方は、必ず介護(助)者のご同伴をお願いします。
※介護(助)者の方は、同伴者の人数に含まれます。
障害のある方を含む4人以上でのお申込をご希望の場合は、下記の「ビッグ・アイ アーツフェスティバル」係までお問合せください。団体申込の書式をお送りいたします。
※ご応募いただいた個人情報については、個人情報保護関連法令を遵守し、本事業の実施目的以外に使用いたしません。

≪記載事項≫
〓希望するイベント 「ステージイベント」とご記入ください。
〓氏名(ふりがな)
〓年齢
〓郵便番号
〓住所
〓電話番号
〓FAX番号
〓同伴者全員の氏名(ふりがな)・年齢
〓障がいの有無(あり・なし)

※以下の項目はサポートを希望される方のみご記入ください。
(1)希望するサポート及び人数
ア.手話通訳
イ.要約筆記
ウ.音声補聴
エ.イヤーマフ
オ.音声ガイド
カ.点字プログラム
キ.車いすでの来場
ク.補助犬の同伴
ケ.3F鑑賞スペース

(2)車での来場希望の有無
当日のビッグ・アイ駐車場は障害者専用となり、ビッグ・アイ発行の駐車許可証をお持ちの方のみ駐車できます。
※駐車場希望者が多数の場合は抽選となり、ご希望にそえない場合がありますので、ご了承ください。

(3)特記事項


≪お問合せ≫
「ビッグ・アイ アーツフェスティバル」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
泉北高速鉄道「泉ケ丘」駅より約200m
TEL 072-290-0962
FAX 072-290-0972
メール arts_fes@big-i.jp
※電話でのお問合せは、土・日・祝を除く10:00~17:00とさせていただきます。

■対象・定員

800名

■バリアフリー対応

字幕(日本語)
手話通訳
音声補聴
音声ガイド(日本語)
点字プログラム
車いす鑑賞
日英同時通訳

■参加費

無料

■申込締切

2019年 10月 30日 (水) 18: 00

ここまで本文です。

ここからこのカテゴリ内のメニューです。

No Border すべての人がここに:障がいのある方も、ない方も、すべての人にご利用いただける施設です。

ここまでこのカテゴリ内のメニューです。

メインコンテンツに戻る

ここからフッターメニューです。

ここまでフッターメニューです。