ビッグ・アイ 国際障害者交流センターは障害のある方もない方もご利用いただける施設です。宿泊施設、研修室、ホールなどのご案内。:HOME

ここからその他のページメニューです。

ここまでその他のページメニューです。

ここからバナーです。

ここまでそのバナーです。

ここから本文です。

HOME >  Support >  講座② 災害時視聴覚障害者支援リーダー養成講座≪横浜≫

講座② 災害時視聴覚障害者支援リーダー養成講座≪横浜≫

募集チラシ

■開催日時

2019年 2月 5日 (火) 10:00 ~ 17:30
受付9:30 昼食休憩有

■主催

ビッグ・アイ協働機構
共催:社会福祉法人 横浜市リハビリテーション事業団

■会場

障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール 大会議室

平成30年度 災害時の要配慮者支援人材育成事業 災害時における要配慮者支援のための人材育成、平時の防災活動や支援体制づくり、減災活動推進等を目的として、過去の災害時支援活動を事例とした講義とワークショップによる防災・減災講座を開催いたします。

 講座② 災害時視聴覚障害者支援リーダー養成講座≪横浜≫

 
基礎から応用へ
要配慮者支援活動について基礎から学ぶとともに、視聴覚障害者支援におけるそれぞれのニーズを阪神淡路大震災や東日本大震災、熊本地震の実例をもとに学びます。
 
≪講師≫
八幡隆司 氏(特定非営利活動法人ゆめ風基金 理事・事務局長)
 「2018年に起きた災害の検証と今後の備え」
原田敦史 氏(堺市立健康福祉プラザ 視覚・聴覚障害者センター 点字図書館 館長)
 「熊本地震でうまっくいった地域連携による視覚障害者支援について」
荒井康善 氏(一般財団法人全日本ろうあ連盟 理事)
 「音のない世界から考えよう 熊本地震から学ぶ」
 
一般財団法人全日本ろうあ連盟

≪主な内容≫
●行政の災害時ガイドラインの紹介
●要配慮者支援活動の概要
●視聴覚障害者への支援活動における配慮事項
●過去の災害支援活動から得られたアドバイス・事例紹介(特に熊本地震での実例)
●要配慮者支援拠点・要配慮者班について
●防災・減災の取り組み事例紹介
●グループディスカッション(視覚障害者と聴覚障害者への配慮や支援について)
 
≪日時≫
平成31年2月5日(火) 10:00~17:30(受付9:30)
 
≪開催場所≫
 
障害者スポーツ文化センター 横浜ラポール
〒222-0035 神奈川県横浜市港北区鳥山町1752
TEL 045-475-2055 FAX 045-475-2053

≪対象・定員≫
対象 視覚障害者・聴覚障害者に配慮した災害時支援リーダー、防災・減災活動を行う意志のある方
定員 80名

≪参加費≫
資料代(1講座)1,000円

≪情報サポート≫ ※要申込
手話通訳/要約筆記/拡大資料/車いすでの来場/補助犬同伴席

≪参加方法≫
申込用紙に必要事項をご記入の上、FAX、封書、Eメールにてお申込みください。
※ご応募いただいた方には、12月上旬より順次、受講案内通知と資料代の振込用紙を送付いたします。資料代の入金確認をもって受付完了といたします。
※定員になり次第締切
①希望する講座名・会場名
②氏名(フリガナ)
③年齢
④所属(フリガナ)
⑤所属先 ※該当する所属先をご記入ください
地方公共団体・行政機関・社会福祉協議会・医療機関・教育機関
障害福祉関連施設、団体、作業所・個人・企業・その他(   )
⑥住所(フリガナ) ※郵便番号からご記入ください。また受講案内通知送付先のご住所をご記入ください。
⑦電話番号
⑧FAX番号
⑨Eメールアドレス
⑩障害の有無
⑪同伴者氏名(フリガナ) ※介助が必要な方は、介助者のご同伴をお願いいたします。
⑫希望するサポート
 ア.手話通訳
 イ.要約筆記
 ウ.拡大資料
 エ.車いすでの来場(  名)
 オ.補助犬の同伴(有・無)
 ※点字資料を希望される方はお問合せください。
⑬車での来場 ※駐車証をお持ちの方のみ駐車可能となります
⑭特記事項 ※特に配慮を要する事項があれば、具体的にご記入ください。
 
≪ご案内事項≫
(1)情報保障について
ワークショップでは通訳者がいない場面を想定し、手話通訳や要約筆記をつけずに
実施する場合がございます。
(2)昼食について
昼食は参加者ご自身でご持参いただくか、近隣のレストラン等をご利用ください。
 
≪申込締切≫
平成30年12月14日(金)
 
≪申込・お問合せ≫
ビッグ・アイ「防災・減災講座」係
〒590-0115 大阪府堺市南区茶山台1-8-1
TEL 072-290-0962 FAX 072-290-0972 
Eメール bousai@big-i.jp
※お電話でのお問合せは、土・日・祝を除く10 :00~17 :00とさせていただきます。

ここまで本文です。

ここからこのカテゴリ内のメニューです。

No Border すべての人がここに:障がいのある方も、ない方も、すべての人にご利用いただける施設です。

ここまでこのカテゴリ内のメニューです。

メインコンテンツに戻る

ここからフッターメニューです。

ここまでフッターメニューです。